※実際は小脇に抱えられません

夫とふたり暮らし。 変化のない毎日が好きな主婦が 思うがままに何かを書き綴ります。

カテゴリ: 大相撲




【大相撲中継】を
毎日(午後1時から)観るようになって

取組は、もちろんだけど
その他にも見所満載で

観れば観るほど、
面白くなってきました。

それでも、
まだまだ知らない事ばかりで…

行司さんはスゴイ①






行司さんはスゴイ②


そういや、本気で感心してたっけなぁ…(遠い目)




おすもう①


私は勘違いしていましたが、
行司さんが仕切りの時間を管理(?)
している訳ではありません。


土俵の東西に各一人、行司溜に二人、正面に一人。
合計五人の【勝負審判】が居ます。

その中で行司溜の東寄り(赤房下)
の審判が時計係です。


時計係の審判は、
呼出と行司に制限時間を知らせ、
進行と制限時間を調節する役目を担っています。


中継をよく観ていると
呼出と行司に“制限時間”を知らせているのに
気が付く事が出来ると思います。


ちなみに
制限時間の計測は
呼出の呼び上げが終わった時点から
計測します。


 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇



◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


はじめまして④










( ・ㅂ・)」読者登録してもらえたら、とても嬉しいです!
 
 



相撲については
何も知らない私でしたが、
観ているうちに


【大相撲】は力士だけではなく
他にも色んな人が働いているんだー。
色んな人に支えられているんだなぁ…


ってことが分かってきました。


そうなると必然的に、力士だけでなく
行司さんや呼出さん、親方の仕事などにも
注目するように…。




※尚、これは数年前の話ですが
諸事情により現在の姿でお送り致します。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
行司さんはキレイ好き①



行司さんはキレイ好き②



キレイ好きとかじゃないからね?(((( ;゚д゚)))





おすもう①


呼出さんは、力士を呼び上げたあと
蛇の目の砂(土俵の外側の部分)を掃き清めます。

蛇の目は、取組での踏み越し、踏み切りを
判明しやすくするためのものです。
(足が出たかどうかの判断)




【呼出とは】

最も知られている役割は、力士の呼び上げですが
他にも土俵の整備、太鼓叩き
拍子柝打ち、懸賞金、
力士の世話(力水・力紙・塩の管理・タオル)などなど
他にも多くの任務に従事しています。



今では、好みの声の呼出さんを見つけたり、

三段目や幕下の取組み中に
花道で待機している呼出さんたちの表情を見たり、

(土俵脇に座って力士の世話するのは)
今日は誰かなー?

「あ、髪型変わった!」などなど…(笑)
そんな所にも注目して相撲中継を楽しんでいます。




◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇



はじめまして④










( ・ㅂ・)」読者登録してもらえたら、とても嬉しいです!
 


平成最後の初場所は、
玉鷲が幕内最高優勝を果たしました。


今場所は、
場所中に稀勢の里、豪風の引退。

栃ノ心や鶴竜、白鵬の途中休場で
ちょっと寂しさも感じましたが

優勝争いが千秋楽までもつれ込んで
結果的に面白い場所でした。



玉鷲の初優勝!!
嬉しかったです(*´Д`*)



玉鷲の優勝(史上2位の年長優勝)
旭天鵬(幕内最高優勝最年長記録)の時のことを
思い出しました。





それは2012年(7年前)の五月場所。


※尚、これは数年前の話ですが
諸事情により現在の姿でお送り致します。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

旭①
と、当時の私にツッコむ
現在の私。



その時の私は、
モンゴル出身の力士の四股名には
「旭」が付くものだと…
どういう訳か、そう思い込んでいました…orz


(多分、旭鷲山とかいたからだと思う。
相撲に興味なくても、それくらいはぼんやり知っていたのだろう)



旭②




☆★☆★☆★☆★


おすもう①


【“四股名に“旭”を使う理由】


当時の大島部屋の力士は四股名に
10代大島親方(旭国)の『旭』の一字を
取って付けていました。

2012年の大島親方引退に伴い、
力士・床山・行司は友綱部屋に移籍しましたが
そのまま大島部屋時代の四股名を名乗りました。


◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇



はじめまして④










( ・ㅂ・)」読者登録してもらえたら、とても嬉しいです!